倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

ココロノヨリドコロ

HOME > ご相談の実例 > 破産申立費用(200万円)/弁護士費用(...

破産申立費用(200万円)/弁護士費用(80万円)の捻出の相談

相談内容

現在手持ち資金が全くなく困っている。

破産申立に際して必要となる、破産申立予納金(200万円)の準備ができない。

弁護士費用(80万円)の準備ができない。

 

相談の経緯

破産申立予納金と弁護士費用を支払う為の、手持ち資金がなく資金捻出の支援をしています。

まず、会社の売上金、資産等の確認をしています。

 

  1. (6月末の売上入金250万円を確認。)
  2. (事務所敷金60万円を確認。)
  3. (生命保険解約返戻金60万円を確認。)
  4. (その他の資産も確認中です。)

・次に、6月末の支払金額を確認しています。

  1. (給料支払150万円を確認。)
  2. (一般支払500万円を確認。)
  3. (銀行返済120万円を確認。)

当月(6月)の売上金等より、破産申立予納金と弁護士費用を支払うことを予定しています。

当月(6月)の支払770万円の取り扱い方をアドバイスしています。

弁護士との委任契約を7月上旬で予定するように進めています。

 

相談の要点

会社の売上金、資産等を有効に使用することです。

債権者等への支払は、公平であることが前提です。
(一部の債権者だけに支払うことはNGです。)

弁護士との委任契約後は、相談者の都合で資金を使うことはできません。

弁護士との委任契約後の「生活の準備等」も6月中に進めることが重要です。
(資金は自由に使用できる内に合法的に使うことです。)

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話